戸建住宅で人気の外壁材と適した外壁塗料

住まいで人気の外壁材

住まいで人気の外壁材住まいのグレードが現れる外壁。
昔の日本家屋では土壁や板張りが多かったのですが、現在では費用面や機能面などコストパフォーマンスの優れたサイディングの外壁材の人気が高まっています。
現在、一般の住宅で使用される外壁材とその外壁材に適した外壁塗料をご説明します。

外壁材の種類

窯業サイディング

主にセメント原料と木質系の原料を混合して板状にした外壁材です。
タイル調やレンガ調などデザインが豊富で温かい外観を演出できるうえ、防火性が高く、工期が短縮できるなどのメリットにより新築住宅では窯業サイディングが使用されているケースが非常に多いといわれています。
一方、吸水性があるため外壁塗装による防水が必須です。

適した外壁塗料

アクリル樹脂、ウレタン樹脂、アクリルウレタン樹脂、フッ素樹脂、光触媒などの塗料が適しています。

金属サイディング

アルミニウム、スチール、ガルバリウム鋼板などの金属の外壁材です。
耐久性が高く、加工しやすいため様々なデザインのものがあります。
カビやサビなど外観を美しく保つため10~15年で塗替えを行う必要があります。
特にガリバリウム鋼板は施工方法によって錆びやすくなるので注意しましょう。

適した外壁塗料

アクリル樹脂、アクリルシリコン樹脂、フッ素樹脂などの塗料が適しています。

モルタル

セメントと砂を混ぜて合わせ練ったモルタルで作られた外壁です。
塗り方によって「ジョリパット、吹き付けタイル、リシン、スタッコ」などの種類があります。
モルタルは施工しやすくコストも安いため、一昔前の建物によく使われていました。
耐火性に優れており強度も強いのですが、防水性能が下がってしまうと劣化しやすくなり
ヒビ割れや破損となります。

適した外壁塗料

アクリル樹脂、ウレタン樹脂、アクリルシリコン樹脂、フッ素樹脂、光触媒などの塗料が適しています。

ALCボード

ALCの主成分は珪石、セメント、生石灰、石膏、アルミニウム粉末などです。
ALCとは「高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート」という意味で軽いうえ耐火性、防火性に優れているためマンションや戸建住宅にたくさん利用されています。

適した外壁塗料

ALCボードはシーリングする場所が多いのですが、硬質の塗料を使用した場合、シーリング部は塗膜にひび割れが出来てしまいクラックなど外壁の劣化と勘違いしやすいです。
そのため弾性タイプの塗料の使用が望ましいです。アクリル樹脂、ウレタン樹脂、アクリルシリコン樹脂、フッ素樹脂、光触媒などの塗料が適しています。


  • はじめに
  • 成田市 外壁塗装 色 シミュレーションをお考えの方へ
  • 外壁塗装勉強会
  • 塗料比較表
  • 最新イベント
  • 外壁診断
  • 雨漏り診断