家の耐用年数を延ばすための外壁塗り替えリフォーム

外壁の塗り替えの目的

外壁の塗り替えの目的
外壁の塗り替えリフォームは建物の外観を美しく保つという目的以外に外壁の耐久性をアップさせ、住まいの寿命を延ばすという大きな目的があります。
太陽光線や雨、気温の変化などによって家は絶えずダメージを受けていますが、外壁塗装はそれらのダメージから家を守る重要な役割を果たしています。

家の寿命を縮めるダメージ

では、具体的にどのような外的ダメージが、どのように家の寿命に影響しているのかご説明します。
【雨・雪】
外壁の塗料はアルカリ性ですが、雨や雪は酸性を含んでおり塗膜を劣化させる原因となります。
塗膜が劣化してしまうと外壁や屋根から湿気が家に入ってきて、梁(はり)など家の構造部分を支える木や金属部分を腐らせてしまいます。
また木が湿気を帯びると白アリも発生しやすくなります。
何年かに一度外壁の塗りかえを行うことでクラック(ひび割れ)などの補修を行い、新しい塗装により雨や湿気の浸入を防ぐことができます。
【紫外線】
シミやしわになるからと女性が紫外線を嫌う様に住宅にとっても紫外線は大きなダメージを与えます。
外壁塗装は日焼け止めクリームのように紫外線から家を守る役割をしています。
塗料によってできた膜を塗膜といいますが、非常に薄い塗膜により守られています。
しかし、紫外線の力は強力で0.1mm程度までは塗膜を簡単に破壊してしまいます。
塗膜が破壊されると剥がれたりヒビ割れて、そこから雨などが入ってきてしまい、更にダメージを与えることになります。
紫外線がよくあたる場所とそうでない場所では塗膜の劣化に違いが出てしまい、塗り替えの時期も同時になるとは限りません。
外壁からチョークのような白い粉が出る「チョーキング」は塗膜が劣化した合図で外壁塗装リフォームのタイミングです。
【振動】
建築物は微妙に動いています。
例えばアパートなど木造の建築物は湿気があると膨張し、乾燥すると縮みます。
この伸縮によって外壁塗装の塗膜も伸び縮みを繰り返し徐々に劣化してしまいます。
最近では金属サイディングを外壁に使用している家が多いのですが、金属も夏場など気温が上がると伸びてしまいます。
また地震や自動車が通るなど振動によっても、建物は動くため塗膜にダメージを与えてしまい、塗膜が剥げたり、ヒビが入ってしまいます。
家を守っている外壁塗装ですが、その塗膜が剥がれるなどで保護する力がなくなると、たちまちダメージにさらされてしまいます。
そのため、外壁塗膜が劣化するまえに早めに外壁塗装のリフォームを行うことが大事です。

家の寿命を縮めるダメージ


  • はじめに
  • 成田市 外壁塗装 色 シミュレーションをお考えの方へ
  • 外壁塗装勉強会
  • 塗料比較表
  • 最新イベント
  • 外壁診断
  • 雨漏り診断