カラーシュミレーションで外壁塗装の色を決めるメリット

外壁の色はイメージ違いになりやすい

外壁塗装で心配なのが塗り替え後のイメージ違いです。
時間をかけて色を決めたものの、実際に外壁に塗装してみると「想像していた色とまったく違った!」といったケースです。
塗料にもよりますが一度外壁塗装すると10年ほど塗り替えの必要がないため、気に入らなくても、その色のまま辛抱しなければなりません。
本来なら家に出入りするたびに塗り直してキレイになった外壁を見て、嬉しい気持ちになるところですが、色選びを失敗すると外観を見るたびに残念な気持ちになってしまいます。

外壁塗装の色の決め方

外壁の難しいところは判断の難しさにあります。
まず、屋外なので天候などによって色の見え方が変わるところです。
同じ色でも室内の蛍光灯の下で見た場合と屋外で見た場合は違って見えます。
また晴天や曇りなど天候によっても太陽の照射量も違うため色も異なって見えます。
このように光の源が発する光の中にどの波長の電磁波が多く含まれているかによって、照射された物体の色が異なって見えることを光源色といいます。
そこで屋外で外壁の色を確認する場合は晴天で大気の汚れの少ない朝日の光でA4サイズのカラーサンプルを見るのが理想的でイメージの違いが起こらないです。
また面積の大きさによって同じ色でも違ったように見えてしまう面積効果にも注意が必要です。
小さなカラーサンプルで選んだ色を大きい面に塗装した場合、思っていた色と違ってしまうところです(面積効果)。

外壁塗装の色の決め方

カラーシュミレーションで色を決めるメリット

カラーシュミレーションで色を決めるメリット 外壁の色を決める際はこのように光源色と面積効果を考慮しなければなりません。
そこでカラーシュミレーションを活用すると大きなイメージ違いにならないですみます。
カラーシュミレーションとはコンピュータグラフィックを使って家の外壁塗装を行い、どんなイメージになるか確認するというものです。
これだと数多くの色を気軽に試すことができるため、「どんな色にしていいか分からない」場合は非常に便利です。
またツートンカラーにする場合、どの色とどの色の相性が良いかなど配色を考えるのに大変便利です。
一方、モニターによっても若干見え方に違いがあるためカラーシュミレーションの過信のしすぎは要注意ですが、外壁塗装の色の系統を決めるのに便利がよくメリットが豊富です。
ちなみに外壁塗装の協伸でもお客様にご来店いただきカラーシュミレーションを活用した外壁の色のアドバイスをしております。
千葉県周辺の外壁塗装なら、千葉で施工実績ナンバーワンの協伸へご依頼ください。


  • はじめに
  • 成田市 外壁塗装 色 シミュレーションをお考えの方へ
  • 外壁塗装勉強会
  • 塗料比較表
  • 最新イベント
  • 外壁診断
  • 雨漏り診断