モルタル外壁の劣化の兆候と適した塗料

モルタル外壁の劣化の兆候について

20、30年前の住宅はモルタル外壁を使っていることが多いです。
デザイン面などにメリットを有するモルタル外壁ですが、時間の経過とともに劣化してきます。
急に劣化するのではなくて「徐々に」なので、しっかりとチェックしなければ兆候を見つけにくいと言えます。
チョーキングの発生が外壁の劣化の兆候であり、外壁塗装の目安となりますので定期的にモルタル外壁を触って確かめておきたいところです。
そしてクラック現象が起こった際も外壁塗装をしておくと良いでしょう。
そうでないと雨が内部に入ってしまい、問題箇所が拡大してしまう恐れもあります。
またモルタル外壁が剥がれてしまう現象も発生するのですが、耐久力だけでなく見栄えも悪くなるため塗り替えをすべきです。
劣化は徐々に始まっていきますので、突然大きな剥がれが発生することはほとんどありません。
定期的なチェックによって酷くなる前に気付くことができ、早めの補修が可能になるのです、
早めに補修することで、必要になる費用も安く済むでしょう。
兆候の確認ができない…不安だという場合には、専門の業者に依頼をして外壁塗装をはじめ、各種メンテナンスの必要性があるかをチェックしてもらいましょう。

モルタル外壁の劣化の兆候について

モルタル外壁の外壁塗装に適している塗料について

モルタル外壁だからといって、その他の素材(サイディングボードなど)とは違う種類の塗料を使う必要はありません。
ただしより適している塗料は存在しています。
例えば、下塗りの際に「微弾性フィラー」を用いて、その後「水性のシリコン塗料」を使用するのがおすすめです。
これだと比較的安価で済みますし、吹き付け系の外壁に特にマッチしているでしょう。
そして「微弾性フィラー」を塗り、その後「水性ハルスハイブリッドの塗料」を用いる方法も推奨されています。
上記した方法よりは費用は高くなりますが、長持ちしますので、費用対効果にも優れていると考えられます。
モルタル外壁の塗り替えの際にも、フッ素系やシリコン系の塗料が使用されますが、やはり一番性能面で優れているのはフッ素系です。
次いでシリコン、ウレタン系、アクリル系の塗料となります。
ただし下塗りの際にはフィーラーであったり、シーラーを使用するのが一般的です。
モルタル外壁の種類によっても適した塗料の種類が変わってきますので、恐らく自分では完璧な判断は難しいでしょう。
外壁塗装の施工実績が相当数ある業者に判断をゆだねるのもひとつの手でしょう。

モルタル外壁の外壁塗装に適している塗料について


  • はじめに
  • 成田市 外壁塗装 色 シミュレーションをお考えの方へ
  • 外壁塗装勉強会
  • 塗料比較表
  • 最新イベント
  • 外壁診断
  • 雨漏り診断