屋根材の種類と特徴 その2

  • 投稿日:2019年 10月28日
  • テーマ:


塗装、屋根塗装、雨漏り修理専門店として
活動している協伸のスタッフブログです

こんにちは 今日は屋根材の種類と特徴をご紹介します。

屋根材は大きく分けて金属系、スレート系、セメント系、粘土系の4種類に分かれます。

1.金属系
   胴板
    胴板は錆びにくく安価な屋根材です。しばらく雨に当たると表面に緑青という化合物ができ
    胴の腐食を防ぐ効果や耐久性が高くなります。
    基本的に塗装はしません。

    耐久年数は50年~60年です。

   トタン屋根
    継ぎ目が少ないため雨漏りがしにくく施工が短い。短所は見た目が安っぽい、耐久性が低いなどがあります
    塗装する時には錆が出ているのでケレンをしてから、錆止め、中・上塗りをします。
トタン.jpg

はじめにお読みください ご相談内容ランキング シミュレーション カバー工法もご検討ください 屋根リフォームをお考えの方 玄関リフォームをお考えの方 給湯器リフォームをお考えの方 床下リフォームをお考えの方 外構リフォームをお考えの方 リフォームHPはこちら 外壁診断 雨漏り診断 外壁塗装勉強会 イベント情報 塗料の比較表 スタッフブログ 受賞実績 塗装職人募集 採用情報
はじめにお読みください ご相談内容ランキング シミュレーション 外壁塗装勉強会
リフォームHPはこちら 採用情報