外壁塗料の種類と特徴

さまざまな種類がある外壁塗料

外壁塗料は含まれる合成樹脂によって種類が異なり、それぞれに耐久性や費用も変わってきます。
それぞれの塗料とその耐用年数や価格、特徴についてご説明します。

外壁塗料は製品にもよりますが、一般的に価格が安ければ耐久性は劣るといった傾向にあります。
また近年では遮熱など高い機能を持つ塗料も販売されています。

外壁材の種類と塗り替えの目安

外壁塗料の種類と特徴

外壁の塗り替えの目的 【アクリル樹脂系塗料 耐用年数約3年~5年】
MMA(メタクリル酸メチル)を重合して作られた塗料でアクリル塗料とも言います。
一般的な外壁塗料の中で一番安価で種類も多いです。
光沢保持性と保色性は良いのですが、他の種類に比べると耐久性も低く汚れやすいため、店舗など短期間で色を塗り替える場合や近いうちに家を建て直す場合におすすめです。

【ウレタン樹脂系塗料 耐用年数約5年~7年】
一世代前では最も一般的だったのがウレタン樹脂系です。
価格はアクリルの次に安く、防汚性や施工しやすいなどメリットがあります。
柔らかいので細かい部分の塗装もできます。
また、塗料だけでなくヒビ割れ防止の注入剤としても利用されています。

【シリコン樹脂系塗料 耐用年数約7年~10年】
価格と機能や耐久性のバランスが良いため、現在住宅用の塗料としても最もよく使用されています。耐用性が長く劣化しにくく光沢があります。
長く住む予定ならシリコン樹脂系以上の耐久性を持つ塗料がおすすめです。
色の種類も豊富で人体にもやさしいというメリットがあります。

【フッ素樹脂系塗料 耐用年数約10年~15年】
一般によく使われる外壁塗料の中では最も高品質で耐久性の高い塗料です。
塗膜の寿命が非常に長く一般的な外壁塗料のなかで一番耐久性も高いです。
塗膜のツヤ消しが可能なので高級感のある外壁にすることができます。

外壁の塗り替えの目的 【光触媒塗料 耐用年数約10年~15年】
太陽の光や雨など自然の力で外壁の汚れを洗い流しキレイに保つ効果があります。
また、空気中の汚染物質を分解するため周辺の空気を浄化してくれます。
これらは光が当たらないと効果を発揮できないので、日当たりを考えて塗装する必要があります。
耐用年数はフッ素塗料と同じくらい長いのですがコストも高いです。
塗膜が硬いためモルタル壁には不向きです。


  • はじめに
  • 成田市 外壁塗装 色 シミュレーションをお考えの方へ
  • 外壁塗装勉強会
  • 塗料比較表
  • 最新イベント
  • 外壁診断
  • 雨漏り診断